m3.com トップ>医療維新>レポート|最終講義>兵庫医科大、iSC細胞の松山氏らが最終講義◆Vol.2

兵庫医科大、iSC細胞の松山氏らが最終講義◆Vol.2

松山、小川、宮本、服部氏が登壇

2018年5月25日 大西裕康(m3.com編集部)


兵庫医科大学が3月14~15日に開いた「退職記念講演会」の2日目、15日には、虚血傷害誘導性多能性幹細胞(iSCs)研究の第一人者として同大学の先端医学研究所神経再生研究部門で教授を務めた松山知弘氏ら計4人が登壇した。◆松山知弘・先端医学研究所神経再生研究部門教授「兵庫医科大で育む新規再生治療法を世界へ」松山氏松山教授は1978年3月大阪医科大学卒業後、大阪大学医学部第一内科脈管研究室へ入局。大阪大学医学部附属病院の医員、大阪大学医学部高次研神経解剖研究生を経て1986年に渡欧しオランダ・グロニ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事