m3.com トップ>医療維新>レポート>“割りばし事件”、無罪に導いた医師証人、経験を語る

“割りばし事件”、無罪に導いた医師証人、経験を語る

第16回日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会シンポ

2018年6月2日 橋本佳子(m3.com編集長)


5月26日の第16回日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会のシンポジウム「杏林大学病院割りばし事件裁判に学ぶ」で、ビデオ出演した埼玉医科大学総合医療センター病院長の堤晴彦氏の講演タイトルは、「刑事裁判(1審・控訴審)において被告人側の医師証人を経験して学んだこと」。その要旨を紹介する(シンポジウムは、『“割りばし事件”後も医師の不当起訴はなくならず』を参照)。“割りばし事件”とは1999年7月、男児(当時4歳)が割りばしをくわえて転倒、杏林大学医学部付属病院の救急外来を受診して処置後に帰宅...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

2025年の看護需給、病院・有床診療所では約97万人か 2019/1/18

がん部位の1位、2016年は「大腸」 2019/1/17

中川日医副会長、社保審委員、任期満了で退任 2019/1/17

厚労省「AIは支援ツールにすぎず、判断の責任は医師」 2019/1/17

日医が医療通訳に関する協議会を設置 2019/1/16

妊婦加算「要件を厳格化すべきだった」 2019/1/13

消費税問題「課税も含めた議論必要」、猪口全日病会長 2019/1/12

社会保障抑制策、参院選後に厳しい議論 2019/1/11

「2040年問題、金より人の制約が課題」、吉田厚労省医政局長 2019/1/10

93歳現役医師ら、第7回赤ひげ大賞 2019/1/10

10連休対策「危機意識が低い傾向」 2019/1/10

横倉日医会長、2018年は「挑」戦の1年 2018/12/26

がん終末期患者の約4割「苦痛あり」、国立がん研究センター 2018/12/26

オンライン診療の手引書、診療科別で国内初 2018/12/26

地域別診療報酬の検討、奈良県が事実上凍結 2018/12/25

相澤日病会長「医療界のこと、腰据えて考えないと」 2018/12/25

日病協「非課税下ではこれ以上望めない」 2018/12/21

2019年度厚労省予算案、過去最大の32兆351億円 2018/12/21

消費税問題「解決してない」、地域医療を守る病院協議会 2018/12/21

ウェブサイト医療広告の監視体制強化、来年度から 2018/12/21