m3.com トップ>医療維新>オピニオン|北原大翔の「...>嫌なことばかりではない、プロキュアメントに差し込む一筋の光

嫌なことばかりではない、プロキュアメントに差し込む一筋の光

移植用の心臓を取りにいく米国心臓外科医の思うこと-後編

2018年6月16日 北原大翔(シカゴ大学 心臓胸部外科心肺移植・機械式循環補助 クリニカルフェロー)


[連載第1回はこちら]プロキュアメント時に感じる大きなストレスの一つに、言葉が全く通じないというのがあります。自分の施設ではある程度僕の発音や間違いに慣れてくれているので、何を欲しているのかなんとなく察してくれるのですが、他施設にいくと自分がいかに適当な発音でやっているのかを思い知らされます。手術室の看護師に必要なモノの名前を言っても、1回で分かってもらえることの方が少ないです。だいたい他のチームの外科医(いい人)が翻訳、というか、同じ単語を僕には全く同じように聞こえるように言い直してくれます。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事