m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>救急クリニックからみた川越、そして埼玉の医療

救急クリニックからみた川越、そして埼玉の医療

医療従事者に優秀な人材が多い

2018年6月11日 木川英(川越救急クリニック副院長)


「世に小京都は数あれど、小江戸は川越ばかりなり」と謳われた埼玉県川越市にある全国初となる救急科で開業した「川越救急クリニック」に勤務しております木川英(きがわあきら)と申します。設立8年目の当クリニックは、夜間専門で診療を行っており、診療時間は16時から22時まで救急・一般外来行い、翌9時まで救急車を含めた急患を診療しております。救急車の受け入れは1年間に1600台から1700台。埼玉県の救急指定病院の平均が1病院あたり700台程度で、倍以上の台数を受け入れていることになります。私は5年前に青森...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事