m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|教えて!医療...>医療費は2040年度まで増加、最大の要因は高齢者増【医療の現状】

医療費は2040年度まで増加、最大の要因は高齢者増【医療の現状】

介護費も同様、社会保障と高齢化で政府が見通し公表

2018年6月3日 大西裕康(m3.com編集部)


Q:政府は消費税率を2019年10月に10%へ引き上げ、医療や子育て、教育無償化などに要する「社会保障費」の財源に充てる計画ですが、高齢化に伴う社会保障費の負担増に直面する国家財政へ与える影響は?A:政府予算のうち、税収と国債などが歳入となる一般会計の歳出総額は、2018年度に97兆7128億円(図1参照)と6年連続で過去最高額を更新しました。最大の要因が高齢化に伴う「社会保障費」の増加です。一方、国債の発行による借金の収支を除いた基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)は赤字が続いており、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事