m3.com トップ>医療維新>レポート|教えて!医療...>医療費は2040年度GDPの8.4~8.9%?【医療の現状】

医療費は2040年度GDPの8.4~8.9%?【医療の現状】

「保険料負担」と「公費負担」は計69.0兆~70.6兆円増の見通し

2018年6月6日 大西裕康(m3.com編集部)


Q:増え続ける社会保障給付、国民の負担率はどのように変化している?A:GDP(国民所得)のうち、医療・介護サービスの費用や年金を受け取るために必要な経費などの合算である「社会保障給付費」を負担する割合(社会保障負担率)も年々徐々に上がってきました(図1参照)。1975年度は7.5%だったのが、2018年度には17.6%になる見通しです(図2参照)。約40年前に比べおよそ2.3倍以上になっています。実績に基づく数値では2016年度が最も高く、前年度比0.5ポイント増の17.7%。2017年度は前年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事