m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>離島医療・保健実習、医学生全員が必修 - 長崎大学◆Vol.1

離島医療・保健実習、医学生全員が必修 - 長崎大学◆Vol.1

「地域枠」区別なく、1年次から地域医療教育

2018年6月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


医師不足・偏在対策の一環として、2008年度以降、全国の大学医学部が「地域枠」を設置、定員数は年々増加し、2017年度では医学部入学定員9420人のうち、1676人を占める。「地域枠」を生かすには、単に入学定員枠を設けるだけでなく、卒前・卒後の教育、研修をいかに行うかがカギとなる。シリーズで各大学の「地域枠」の現状をお届けする。その第一弾は長崎大学。同大は、「地域枠」か「一般枠」かを問わず、地域医療教育を医学部の1年生から実践しているのが特徴。2004年度から長崎県と五島市の寄附講座として「離島...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事