m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|教えて!医療...>社会保障分野は改革の連続【医療の現状】

社会保障分野は改革の連続【医療の現状】

厚労省以外の検討の場もたくさん

2018年6月13日 高橋直純(m3.com編集部)


Q:近年の社会保障ではどのような改革があったのですか?2000年以降の流れを見ていくと、大きな転換点は2001-2006年の小泉純一郎政権があります。首相主導で、医療費・社会保障費の抑制と医療分野への部分的市場原理導入が行われました。2002年度診療報酬改定では全体でマイナス1.3%、2004年度改定は±0%、2006年度改定はマイナス1.36%で、その後に「医療崩壊」と呼ばれる周産期や救急医療、地域医療の荒廃に拍車がかかりました。部分的市場原理導入では特区における株式会社の医療機関開設、混合診...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事