m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|教えて!医療...>社会保障分野、44項目の改革すべきこととは?【医療の現状】

社会保障分野、44項目の改革すべきこととは?【医療の現状】

「骨太の方針2018」では社会保障分野は注目集めず

2018年6月16日 高橋直純(m3.com編集部)


Q:社会保障分野では44項目の改革工程表があると聞きました。2015年に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針)では、2016-2018年の社会保障費の伸びを3年間で1兆5000億円以下にするという目安が設定されました。方針の中に「経済・財政再生計画」があります。主要な改革項目80項目のうち、社会保障分野は44項目を占めています。社会保障分野の内訳は「医療・介護提供体制の適正化」11項目、「インセンティブ改革」8項目、「公的サービスの産業化」4項目、「負担能力に応じた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事