m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>「たらい回しできない」、多忙な救急 - 柳辺安秀・宮崎県立延岡病院長に聞く◆Vol.2

「たらい回しできない」、多忙な救急 - 柳辺安秀・宮崎県立延岡病院長に聞く◆Vol.2

患者も意識改革を、「仕事休んで病院に」が文化になれば

2018年6月27日 水谷悠(m3.com編集部)


宮崎県立延岡病院での医師大量退職に端を発し、休日・夜間救急患者の激増も相まって地域医療崩壊の危機が起こった延岡市。行政や市民団体も含め、患者啓発の運動などによって最悪の時期を脱した。そのとき、当の延岡病院は実際にどのような状況だったのか。当時小児科の勤務医で、現在は病院長を務める柳辺安秀氏に聞いた(2018年5月29日にインタビュー)。Vol.1はこちら患者啓発の先行事例、延岡市Vol.1◆「医療崩壊地域」払拭目指した延岡市Vol.2◆「たらい回せない」多忙な救急――休日・夜間救急患者がピークを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

厚労省、193業務はタスク・シフト可能 2019/11/11

働き方改革の評価、構成員が病院名公表に難色 2019/11/7

“燃え尽き症候群”、世界各国の共通課題、ICPCMが東京で会議 2019/11/5

研修医に「年1860時間」時間外特例認める根拠は何か? 2019/11/4

医師以外への移管可能業務、年内に取りまとめへ 2019/10/24

悪質な労基法違反病院は960時間以上認めず 2019/10/3

「自分が落ち着くため出勤」それがいけない-昭和大学消化器・一般外科の働き方改革◆Vol.3 2019/9/29

「じゃあ何かい?オペ中に手を下ろすのかい?」-昭和大学消化器・一般外科の働き方改革◆Vol... 2019/9/23

日医、医師の複数機関での勤務時間通算「当面は慎重に」 2019/9/18

「宿日直許可なし」なら、1診療科当たり医師10人が必要 2019/9/16

「時間を考えるようになった」-昭和大学消化器・一般外科の働き方改革◆Vol.1 2019/9/16

「無理に改善すれば診療体制縮小」医師の働き方改革 2019/9/3

厚労省「新10万人調査」、全医師が回答可能-谷川武・順天堂大学教授に聞く 2019/8/30

「20、30年後より今日の当直医が大事」日精協・山崎会長 2019/8/29

医師の労働環境の厳しさ、患者も感じる 2019/8/23

「時間外年960時間超の医師がいる」病院は半数弱、日病調査 2019/8/6

「主治医制からチーム制へ」働き方改革を一層推進、旭川日赤 2019/8/6

「2次救急病院、時間外960時間を目指すべき」 2019/7/28

「人を救うには、まず自分が健康でなければならない」 2019/7/23

日本外科学会「外科医が手術に専念できる環境を」 2019/7/18