m3.com トップ>医療維新>オピニオン|古東麻悠の小...>小児期発症疾患を抱え大人になるということ

小児期発症疾患を抱え大人になるということ

「トランジション医療」の重要性

2018年6月16日 古東麻悠(小児科医)


この度m3.comで執筆させていただくことになりました、小児科医の古東麻悠です。医者4年目、まだまだ未熟者ですが若手ならでは?の等身大の文章を書いていければと思います。少しばかり自己紹介を。1989年に横浜で生まれ、1歳で渡米、9歳までの8年間をニューヨークで過ごし、思い返せばアイデンティティーやマイノリティー、生と死について考える機会が多い子ども時代を過ごしました。現在は都内総合病院で日々診療にあたりながら、「全ての子どもたちに選択肢がある世の中を作る」ことをモットーに、新興国の孤児院援助や国...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

古東麻悠の小児科見習いノートに関する記事(一覧

研修医1年目のドクターコール 2018/7/1

小児期発症疾患を抱え大人になるということ 2018/6/16