m3.com トップ>医療維新>オピニオン|北原大翔の「...>米国心臓外科医のお財布事情 前編

米国心臓外科医のお財布事情 前編

アメリカンドリーム的年収への憧れ

2018年7月8日 北原大翔(シカゴ大学 心臓胸部外科心肺移植・機械式循環補助 クリニカルフェロー)


[連載第1回はこちら]前回の投稿でプロキュアメント(移植用心臓の摘出)に行くことで、1回約30万円稼ぐことができることを話しましたが、今回は米国心臓外科医(主に僕)のお金にまつわる話です。日本の医師の給料は人によってさまざまだと思いますが(特に開業している人の場合)、僕は研修医時代、年収300万円くらいの給料からスタートしました。もちろん時間外手当やボーナスはなしです。2年の研修期間を終えると外科医としての修練が始まるのですが、その時に大学の関連病院に出張し、そこで年収1000万円くらいもらって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事