m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>大学の大半は「地域枠」の存続希望 - 小林誠一郎・AJMC委員会委員長に聞く◆Vol.2

大学の大半は「地域枠」の存続希望 - 小林誠一郎・AJMC委員会委員長に聞く◆Vol.2

実効性を高めるカギは「卒前・卒後の支援体制の強化」

2018年7月7日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――奨学金を支給する地域枠の卒業生の「辞退率」は、地域枠制度発足以前の都道府県医師養成奨学金の卒業生よりも低いという結果です。卒後年数が経過するにしたがい、「辞退率」が増加する可能性もあり、義務年限を終えた時点でないと、最終的な結果は言えませんが、「辞退率」は都道府県医師養成奨学金の卒業生と比べて改善傾向にあると言えます。その理由として、地域枠制度発足以前の理由として、主に二つが考えられます。一つは、地域医療に関する教育や啓発活動などの卒前支援体制の拡充、もう一つは卒後のキャリア形成などに対する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事