m3.com トップ>医療維新>レポート>新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏

新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏

新基準で30%以上、200床以上では8割超

2018年6月20日 水谷悠(m3.com編集部)


四病院団体協議会は6月20日の記者会見で、2018年度診療報酬改定で定義や判定基準に変更が加えられた「重症度、医療・看護必要度」について、会員病院を対象に行った調査結果を発表した。調査を担当した日本病院会副会長の島弘志氏は、新たに作られた「重症度、医療・看護必要度II」と「I」の該当患者割合の差のかい離が小さいことから、「妥当な制度だと思う。きちんと設計されている」との見解を示した。従来の7対1入院基本料に当たる急性期一般入院料1の「該当患者割合30%以上」を満たしていたのは、200床以上の37...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「教育、職場環境も変えて」医療のかかり方を広める懇談会 2018/11/13

講座のあり方「大講座制を」「医師の人間性の問題」 2018/11/11

BCGワクチン問題、日医が厚労省に抗議文提出 2018/11/9

山梨大学はフルマッチ、県全体のマッチ率もトップ 2018/11/9

「法令への記載」なければ、薬剤師は本来業務を果たせず? 2018/11/8

添付文書を電子化、紙媒体で提供も同梱は廃止 2018/11/8

BCGワクチン新製品、11月16日以降に出荷見通し 2018/11/7

長時間労働是正は重要も、医師の特殊性に配慮を 2018/11/7

糖尿病リスク予測ツール公開停止、厚労省「薬機法に触れる可能性あり」 2018/11/6

免震装置不正、KYBが新たに医療関係7施設公表 2018/11/2

本庶・京大名誉教授、日医で特別講演「驚異の免疫力」 2018/11/2

ICRC事業総局長「紛争地の医療、全ての国が関心を持つべき」 2018/11/1

マラソン開始前倒し「データで立証できた」、日医常任理事・長島氏 2018/11/1

プライマリ・ヘルス・ケアで新国際宣言を採択 2018/11/1

日医「グランドデザイン2030」の概要版を公表 2018/11/1

本庶・京大特別教授、日医最高優功賞 2018/11/1

日医が在外日本人医師向け支援JMA-WMN立ち上げ 2018/11/1

「10%のマイナス改定と同じ、絶対に阻止」中川日医副会長 2018/10/28

「外国人向け医療ツーリズム病院」、川崎での開設に反対 2018/10/28

医学部地域枠、2020年度から「別枠方式」に限定、厚労省が通知 2018/10/27