m3.com トップ>医療維新>レポート>新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏

新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏

新基準で30%以上、200床以上では8割超

2018年6月20日 水谷悠(m3.com編集部)


四病院団体協議会は6月20日の記者会見で、2018年度診療報酬改定で定義や判定基準に変更が加えられた「重症度、医療・看護必要度」について、会員病院を対象に行った調査結果を発表した。調査を担当した日本病院会副会長の島弘志氏は、新たに作られた「重症度、医療・看護必要度II」と「I」の該当患者割合の差のかい離が小さいことから、「妥当な制度だと思う。きちんと設計されている」との見解を示した。従来の7対1入院基本料に当たる急性期一般入院料1の「該当患者割合30%以上」を満たしていたのは、200床以上の37...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

医師の過労死防止、”実勤務”の管理や“業務外”の例示で 2018/9/16

過去3年間で1729億円を執行、医療介護総合確保基金 2018/9/15

日医中川副会長「ライフライン重要と改めて認識」 2018/9/13

治療に関する“口コミ”規制の運用、結論まとまらず 2018/9/12

北海道376病院で停電、水使用不可は82病院 2018/9/7

日医、「医師の残業規制」巡る日経新聞記事に抗議 2018/9/6

医学部合格率、男性が女性の1.18倍、8割の大学で上回る 2018/9/5

消費税問題、働き方改革で要望へ 2018/9/1

医療系学生団体代表の医大生「AIが発達する未来に、医師のほかにもできることを」 2018/9/1

中川日医副会長が厚労省に抗議「消費税補てん状況集計ミスは重大事案」 2018/8/30

医療従事者の働き方改革に21億円、厚労省概算要求 2018/8/29

消費税率10%「新たな仕組み」で対応、三師会と四病協が提言 2018/8/29

日医が女性医師支援事業を拡大へ、今年度から 2018/8/22

日医横倉会長「知事会の取り組みうれしく思う」 2018/8/3

横倉会長「大変な怒りを覚える」、消費税補填率調査結果 2018/8/2

医師会立看護師養成所、定員割れに危機感 2018/8/2

「初期研修の内容を学生時代に」、山下AJMC会長 2018/8/1

HPVワクチン名誉毀損訴訟、「記事に間違いなし」「研究に捏造なし」 2018/8/1

厚労省業務「ペーパーレス化」へ、若手・中堅職員が提言 2018/7/31

2019年春からAI開発用医療画像情報を企業提供へ、厚労省 2018/7/31