m3.com トップ>医療維新>レポート>新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏

新たな「重症度、医療・看護必要度」は妥当、四病協・島氏

新基準で30%以上、200床以上では8割超

2018年6月20日 水谷悠(m3.com編集部)


四病院団体協議会は6月20日の記者会見で、2018年度診療報酬改定で定義や判定基準に変更が加えられた「重症度、医療・看護必要度」について、会員病院を対象に行った調査結果を発表した。調査を担当した日本病院会副会長の島弘志氏は、新たに作られた「重症度、医療・看護必要度II」と「I」の該当患者割合の差のかい離が小さいことから、「妥当な制度だと思う。きちんと設計されている」との見解を示した。従来の7対1入院基本料に当たる急性期一般入院料1の「該当患者割合30%以上」を満たしていたのは、200床以上の37...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

専攻医の基本給、都内の平均は37万5722円 2019/2/16

問診や在宅医療にAIを、厚労省が提案 2019/2/15

「医師増は現実的でない、医療提供体制の改革を」 2019/2/14

消費税問題「遅きに失する感あるが、対応できる」 2019/2/14

医師法21条、厚労省が初の解釈通知 2019/2/13

「出自を問えるのも、命があればこそ」、熊本・慈恵病院 2019/2/13

オンライン診療で緊急避妊薬処方、検討へ 2019/2/12

患医連、「広尾病院事故から20年」を機にシンポジウム 2019/2/11

福島・双葉病院院長の故鈴木氏、都内で葬儀・告別式 2019/2/11

主要学会役員、製薬企業からの報酬総額は7億円強 2019/2/9

医療基本法の超党派議連が設立総会、会長に尾辻氏 2019/2/6

民間企業は「社員の健康を守る企業経営を」 2019/2/3

「早稲田卒」医師、医師養成過程と入試の多様化提言 2019/2/2

外国人旅行者向け拠点病院、選出を都道府県に依頼 2019/2/2

準強制わいせつなど、医師3人免許取り消し 2019/1/31

医療情報サイトより「環境改善」「学校教育」 2019/1/30

「あらゆる機会にかかり方啓発」が最重要 2019/1/26

「7法人7色」、地域医療連携推進法人が初会合 2019/1/25

給与費の抑制で経営が短期的に回復か 2019/1/24

オンライン診療「同一医師による診療原則」見直しへ、指針を改定 2019/1/24