m3.com トップ>医療維新>オピニオン|古東麻悠の小...>研修医1年目のドクターコール

研修医1年目のドクターコール

医療機器にどれだけ依存しているのか痛感

2018年7月1日 古東麻悠(小児科医)


最初に記しておくと、これは機内でのドクターコールの対応をすべき、すべきでない、の議論をすることを目的としていません。現場に立ち会った当時研修医1年目だった私が、どんなことに迷い、困ったか。そしてその経験がどう影響しているかを書き残したいと思いました。研修医1年目の終わり、シンガポールでの学会帰りの飛行機での出来事です。デルタ航空だったこともあり、成田行きの飛行ではありましたがほとんどが外国人。飛び交う会話もほとんど英語。そんな中で私の目の前の列には日本人親子が座っていて、仲良さそうに話している姿...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

古東麻悠の小児科見習いノートに関する記事(一覧

研修医1年目のドクターコール 2018/7/1

小児期発症疾患を抱え大人になるということ 2018/6/16