m3.com トップ>医療維新>オピニオン|日本出身、ガ...>日本の高校生が米国の足病医になるまでの道◆Vol.1

日本の高校生が米国の足病医になるまでの道◆Vol.1

2018年7月6日 ガジザデ・ラミン(MD/DPM)


患者さんは患部に何か異常があるときどのように専門医を選ぶのでしょうか。歯が痛いときは歯医者、目の調子が悪ければ眼科、お腹が痛いときはとりあえず内科、というような具合でしょうか。では足の問題は?アメリカには足の専門医(Podiatrist)がいます。糖尿病の患者さんの足の爪やたこの処理からアスリートの足の骨折の手術まで、さまざまこなします。整形外科医との大きな違いは、学生時に足のバイオメカニクス(生体力学)の勉強に費やす時間が多く、手術以外の広い分野で足の問題の解決に取り組むところでしょうか。僕は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事