m3.com トップ>医療維新>レポート|日医代議員会>「受療行動変革、一層進める」日医横倉会長

「受療行動変革、一層進める」日医横倉会長

第143回日医臨時代議員会、かかりつけ医機能推進

2018年6月27日 水谷悠(m3.com編集部)


日本医師会会長の横倉義武氏は6月24日の第143回日医臨時代議員会で、国民の受療行動は変化してきているとの認識を示した上で、「これからの超高齢社会、少子化による人口減少社会に向け、国民の受療行動の変革を一層進めていかないといけない。かかりつけ医機能を推進していくことが非常に重要」と述べた。宮城県代議員の橋本省氏の代表質問に答えた。橋本氏は、日本の患者は大病院指向が強く、軽症でも大病院に行くことや、救急外来を受診して専門医の診察を要求する例が少なくないことなどから、勤務医の負担が過剰であると指摘。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

日医代議員会に関する記事(一覧

「地域包括診療料・加算、高いハードルに対応」松本日医常任理事 2019/6/29

医師の働き方改革「負担軽減に必要な手当て求める」長島日医常任理事 2019/6/29

「医療通訳、診療所等への整備も進める」松原日医副会長 2019/6/29

「公的広域ネットワーク構築の議論加速」石川日医常任理事 2019/6/25

「医業承継問題、喫緊の課題」平川日医常任理事 2019/6/25

「診療科、開業の選択の権利を保障」今村日医副会長 2019/6/25

「都道府県別診療報酬、断固阻止」中川日医副会長 2019/6/24

「保険者協議会、都道府県医師会が正式参画を」江澤日医常任理事 2019/6/24

「2つの類型、調整会議活性化の起爆剤」中川日医副会長 2019/6/24

「責任追及は、“事故調”の根幹揺るがす」城守日医常任理事 2019/6/23

「給付と負担、国民的合意形成の場が必要」横倉日医会長 2019/6/23

妊婦加算「あくまで凍結、改めて審議」松本日医常任理事 2019/4/4

EMIS「改善に向け進んでいる」石川日医常任理事 2019/4/4

虐待防止に「医師・医師会の関与重要」道永日医常任理事 2019/4/2

「准看のみ在留期間4年」は不合理、江澤日医常任理事 2019/4/2

「医師確保、カギは地域・地元枠の活用」城守日医常任理事 2019/4/2

「医師養成数の増加、将来に深刻な影響」松本日医常任理事 2019/4/2

オンライン資格確認義務化は「断固反対」長島日医常任理事 2019/4/1

「公立・公的病院、代替・再編の可能性を議論」中川日医副会長 2019/4/1

消費税対応「非課税下では、最大限の着地」中川日医副会長 2019/4/1