m3.com トップ>医療維新>インタビュー>医師が作った「もしバナゲーム」、知っていますか?‐ iACP共同代表らに聞く◆Vol.1

医師が作った「もしバナゲーム」、知っていますか?‐ iACP共同代表らに聞く◆Vol.1

余命半年、揺れ動く気持ちに触れる不思議さを体感

2018年7月16日 聞き手・まとめ:大西裕康(m3.com編集部)


医師が作った「もしバナゲーム」をご存知だろうか。亀田総合病院(千葉県)で緩和ケアや地域・在宅医療に取り組む医師らが立ち上げた一般社団法人「iACP(アイ・エーシーピー)」が開発したカードゲームだ(「iACP」についてはホームページを参照)。ゲームの中では、重病の時や死の間際に「大事なこと」として人が口にするような言葉が記してあるカードを使い、余命半年の想定で大事にしたい言葉を選ぶ。自分自身の価値観を考え、一緒にプレイする人と語り合うように設計されているため、アドバンス・ケア・プランニング(ACP...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

費用対効果評価、診療ガイドラインでも導入-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.2 2019/8/17

日本レスリング協会のチームドクター歴20年-中嶋耕平・JISSメディカルセンター副主任研究... 2019/8/16

医療資源乏しい地域の秘策に-江津メディカルネットワーク◆Vol.3 2019/8/14

財政リスクを減らしつつ、資源配分を効率化-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.1 2019/8/10

スポーツ医学の知識を「検定」で広める-日本スポーツ医学検定機構代表理事の大関信武氏に聞く 2019/8/10

病院と診療所の共存共栄を目指す-江津メディカルネットワーク◆Vol.2 2019/8/8

医学部定員減、受け入れざるを得ず-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.3 2019/7/26

病院総合医は“負け組”にあらず、幹部候補生-済生会熊本病院◆Vol.4 2019/7/20

“無給医”の定義曖昧、文科省調査は不十分-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.2 2019/7/17

超急性期病院の“無医村”をなくすが狙い-済生会熊本病院◆Vol.3 2019/7/12

医学教育や医療の制度変更、私立大運営を圧迫-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.1 2019/7/10

医師の働き方を根本から変える第一歩-済生会熊本病院◆Vol.2 2019/7/2

「東京減点女子医大」を創設したわけースプツニ子!学長と西澤知美理事に聞く 2019/6/8

最新技術の医療への適用、審査制度の見直し必要-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.3 2019/6/8

ITやロボットの活用で技術の汎用化を-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.2 2019/5/30

約40年間、医用工学の研究に従事-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.1 2019/5/22

総長4年の任期中に方向性を-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.3 2019/5/20

単科医科大学との「対等合併or全面的連携」を目指す-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol... 2019/5/10

臓器別専門医と「Win-Win」の関係構築-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に... 2019/5/10

総合診療専門医、「若手の1割」を期待-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆... 2019/5/5