m3.com トップ>医療維新>レポート>「医薬分業自体を見直す時期」、中川日医副会長

「医薬分業自体を見直す時期」、中川日医副会長

医薬品医療機器制度部会、「薬局は今、危機にある」との意見も
 

2018年7月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は、7月5日の厚生科学審議会の医薬品医療機器制度部会(部会長:森田朗・津田塾大学総合政策学部教授)で、「薬局・薬剤師に関する課題と論点(案)」を提示したが、委員からは「医薬分業自体を見直す時期に来ているのではないか」(日本医師会副会長の中川俊男氏)など、現状の医薬分業について厳しい目が向けられた。中川氏は、「医薬分業に向けてインセンティブを付与してきた結果、調剤技術料は医薬分業率の進展以上に拡大している」とし、院外処方の調剤関連技術料や患者負担は、院内処方に比べて高いことを問題視。その...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

医師確保で岩手・新潟県ら12県知事会が厚労省に提言書 2020/8/8

厚労省幹部人事、鈴木医務技監は交代、後任に福島・国立保健医療科学院院長 2020/7/31

データヘルスで2年間の集中改革方針を確認、厚労省 2020/7/30

准看護師、高裁は逆転無罪、「あずみの里」事件(2020/7/28追記) 2020/7/28

厚労省改革実行チーム、テレワークや国会業務で成果 2020/7/21

女子医大「資金調達にめど」夏季ボーナス支給へ 2020/7/20

日本医学会連合が国民に啓発メッセージ「主体的行動を」 2020/7/17

避難所の半数超は高齢者「看護・介護ニーズ応えきれず」 2020/7/13

東京女子医大「夏季ボーナスゼロ」労組が猛反発 2020/7/13

「例がない誠意ある態度」日本医師ユニオン、長崎みなとMC和解で 2020/7/10

33歳男性医師「無念の過労死」と謝罪、長崎みなとメディカルセンター 2020/7/10

コロナ禍の災害、現地派遣の医師「支援控え」に警鐘 2020/7/9

医療機関検索システム、国民は知らない 2020/7/2

新たな分科会「国から日医にまだ説明ない」日医 2020/7/2

強制不妊手術や被害救済への対応遅れ「深い反省とお詫びの表明を」 2020/6/25

「前のめりになった専門家会議」、政府との関係性明確化を提言 2020/6/25

医療従事者への応援メッセージ◆Vol.5 2020/6/19

国がん中央病院、新院長の島田氏「世界最高レベルの医療を提供」 2020/6/16

手術・透析など診療情報、参照可能なシステム構築目指す 2020/6/16

内閣府のAIホスピタル事業が始動、日医が参画 2020/6/12