m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師・薬剤師...>医薬分業、患者にとっては「デメリット大きい?」◆Vol.1

医薬分業、患者にとっては「デメリット大きい?」◆Vol.1

医師、薬剤師で実感が逆転

2018年7月16日 高橋直純(m3.com編集部)


医薬分業率が73.2%(2018年2月)に達するなど、医薬分業はますます進展する一方で、調剤薬局の在り方については厳しいまなざしが向けられ、近年の診療報酬改定でも大型門前薬局を中心に報酬減となる対応も取られている。リフィル処方せん、オンライン服薬指導など、新しい取り組みの導入についても議論が進んでいる。m3.comの医師会員・薬剤師会員に医薬分業についての考えを改めて聞くアンケートを実施した。Q「医薬分業」についての考えをお聞きします。患者にとって、医薬分業の推進は?「患者」にとって「メリットが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事