m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>「医師の労働と自己研鑽」、線引きの指針作成へ、全自病

「医師の労働と自己研鑽」、線引きの指針作成へ、全自病

今夏を目途、働き方改革や新専門医制度など4つが「重要課題」

2018年7月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国自治体病院協議会は7月12日に記者会見を開き、この6月に新たに会長に就任した小熊豊氏は、「変革の荒波が強く、自治体病院も苦しい状況に陥っているが、荒波に負けず、一歩一歩進んでいきたい。医療政策自体にはさまざまな課題があるが、しっかりと取り組んでいかなければならない」との抱負を述べた。全自病は、地域医療構想、医師確保・医師偏在解消、医師の働き方改革、消費税制度の改善――の4つの重要課題を中心に取り組んで行く方針。医師の働き方改革について、小熊氏は、「国の判断が出るのはまだ先になると思うが、自治...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事