m3.com トップ>医療維新>レポート|西日本豪雨>「岡山・真備の医療が壊滅状態」、松山・岡山県医師会長

「岡山・真備の医療が壊滅状態」、松山・岡山県医師会長

被災者健康支援連絡協議会、「平成30年7月豪雨」受け開催

2018年7月13日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会をはじめ、医療関係の21組織(40団体)で組織する、「被災者健康支援連絡協議会」が7月13日、日本医師会館で開催され、岡山県医師会会長の松山正春氏は、「岡山・真備の医療が壊滅状態であり、いかに復旧して、住民に戻っていただくかが一番の課題」として、全国の関係者に支援を要請した。松山氏のほか、広島県医師会会長の平松恵一氏、愛媛県医師会会長の村上博氏が、テレビ会議システムを通じて参加。JMAT(日医災害医療チーム)を日医に要請したのは、今のところ岡山県のみ。ただ豪雨から約1週間が過ぎ、3県か...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事