m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>国立大最大の義務年限付「地域枠」、その現状は? - 筑波大学◆Vol.1

国立大最大の義務年限付「地域枠」、その現状は? - 筑波大学◆Vol.1

充足率8割、充実した地域医療で離脱は最小限

2018年7月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


茨城県の人口10万人当たりの医師数は、全国46位。同県では地域枠拡充に力を入れており、県内唯一の医学部を持つ筑波大学が、その大半を受け入れている。同大の医学群医学類(医学部に相当)の定員140人中、茨城県の「義務年限付の奨学金」の地域枠の学生は36人で、約25%。その割合は、国立大学の中では最多だ。定員充足率は100%ではないが、同大学は、茨城県内に地域医療を実践する病医院を持ち、1年次から地域医療教育に力を入れ、地域枠入学者の離脱は2009年度の地域枠のスタート以降で1人にとどまる。同大地域医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事