m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>「県内出身者を対象とした地域枠」を中心にすべき- 筑波大学◆Vol.3

「県内出身者を対象とした地域枠」を中心にすべき- 筑波大学◆Vol.3

「スタディ・ローン」を「スカラーシップ」に変える努力も必要

2018年7月29日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


(※筑波大学地域医療教育学教授の前野哲博氏、講師の片岡義裕氏のインタビュー。経緯は、Vol.1を参照)――調査研究を通じて、浮かび上がった問題点は何でしょうか。片岡一つは、制度の目的と内容が一致していない、はっきりしていない大学が結構見られたことです。簡単に言えば、「県内のどこでもいいから残ってもらいたい」という考えから作られた制度と、「県内の特に医師不足地域に行ってもらいたい」という考えで作られた制度は、中身が違って当然ですが、必ずしもそうではありません。「医師不足地域に行ってもらいたいけど、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

大学医学部「地域枠」の今に関する記事(一覧

2020年度の医学部地域枠、12大学で計77人減 2019/11/18

地方大学のミッションは「地域医療貢献」-島根大学◆Vol.3 2018/9/14

地域医療に従事しながら博士号取得も可能-島根大学◆Vol.2 2018/9/5

出願資格は「僻地の医療機関等での体験8日以上」-島根大学◆Vol.1 2018/8/29

「ローカル」から「グローバル」人材養成に転換-旭川医科大学◆Vol.3 2018/8/21

「地域枠」、義務年限なしでも「地元」に定着-旭川医科大学◆Vol.2 2018/8/14

国立大最大の地域枠、「地元優先」で成功-旭川医科大学◆Vol.1 2018/8/7

「県内出身者を対象とした地域枠」を中心にすべき-筑波大学◆Vol.3 2018/7/29

全70大学の地域枠を調査、その実態は?-筑波大学◆Vol.2 2018/7/24

国立大最大の義務年限付「地域枠」、その現状は?-筑波大学◆Vol.1 2018/7/20

大学の大半は「地域枠」の存続希望-小林誠一郎・AJMC委員会委員長に聞く◆Vol.2 2018/7/7

「地域枠の入学生、学力低い」は誤解-小林誠一郎・AJMC委員会委員長に聞く◆Vol.1 2018/7/1

地域医療の担い手養成は「社会の総力戦」-長崎大学◆Vol.3 2018/6/28

「地域枠、イコール総合診療医」にあらず-長崎大学◆Vol.2 2018/6/17

離島医療・保健実習、医学生全員が必修-長崎大学◆Vol.1 2018/6/11