m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|NCDで医療...>手術1000万症例のビッグデータに成長 - 岩中督・NCD代表理事に聞く◆Vol.1

手術1000万症例のビッグデータに成長 - 岩中督・NCD代表理事に聞く◆Vol.1

専門医制度と連動、患者の手術リスク予測も可能

2018年8月4日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


外科系学会が中心となり運営する、手術症例データベース、NCD(NationalClinicalDatabase)の事業が2011年にスタートして8年目に入った。登録症例数が確実に増え、ビッグデータに成長。今はそれを利活用する段階に入りつつある。シリーズ「NCDで医療現場はどう変わったか?」では、各領域でのNCDの利活用の現状について取り上げていく。それに先立ち、NCDを運営する一般社団法人NationalClinicalDatabase代表理事の岩中督氏に、NCDの過去・現在・未来を総括していた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事