m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|NCDで医療...>手術症例・成績の公開「社会が決めること」- 岩中督・NCD代表理事に聞く◆Vol.2

手術症例・成績の公開「社会が決めること」- 岩中督・NCD代表理事に聞く◆Vol.2

ダビンチ症例の全例登録など活用の幅広がる

2018年8月11日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――日本脳神経外科学会は、いったんはNCDに加わったものの、独自にJND(JapanNeurosurgicalDatabase)を構築しています。岩中督氏日本脳神経外科学会はNCDとJNDの両方のデータベースを使用しています。完全にNCDに参加しなかったのは、データの利活用の仕方で、方針に相違があったためです。NCDでは個票は公表しておらず、また第三者提供もしません。登録されたデータを解析して、「A病院の手術成績」「Bという疾患に対する手術成績の全国平均」といった統計結果を学会へ提供しています。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事