m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>出願資格は「僻地の医療機関等での体験8日以上」 - 島根大学◆Vol.1

出願資格は「僻地の医療機関等での体験8日以上」 - 島根大学◆Vol.1

市町村長も2回面接、「地域医療を担う医師としての適性」見極め

2018年8月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


医学部定員の「地域枠」は、都道府県が医学生に「奨学金」を貸与し、卒後一定期間、その都道府県での勤務を義務付けるのが一般的。これに対し、島根大学医学部では、ユニークな入試枠を設けている。そのうち、「地域枠」(出身校の推薦必要)は、「島根県内での医療機関等での医療福祉体験活動」を課すほか、市町村長らによる面接を受けるのが、出願の条件だ。医師としての適性と島根県の地域医療への意欲を見極めるのが狙い。同医学部医学科長の熊倉俊一氏に、この入試枠を含め、地方大学の卒業生が地元に定着するさまざまな工夫を説明し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事