m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>地域医療に従事しながら博士号取得も可能 - 島根大学◆Vol.2

地域医療に従事しながら博士号取得も可能 - 島根大学◆Vol.2

卒前、卒後の一貫したキャリア形成支援

2018年9月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


島根大学では、入試の段階で、僻地等での医療福祉体験活動を出願要件にするなど、地域医療への意欲が高い学生を選考するだけでなく、島根県内に卒業生が定着するためのさまざまな工夫をしている(Vol.1の記事を参照)。入学後もそのモチベーションを維持するための地域医療教育を充実させる大学は増えているが、同大の場合、卒後のキャリア支援に島根県と協力しながら取り組んでいるのが特徴だ。(提供:熊倉氏)その一つが、大学院博士課程の「総合診療医指導者育成コース」。2014年に新設した。地域医療に従事しつつ、博士号を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

大学医学部「地域枠」の今に関する記事(一覧

2020年度の医学部地域枠、12大学で計77人減 2019/11/18

地方大学のミッションは「地域医療貢献」-島根大学◆Vol.3 2018/9/14

地域医療に従事しながら博士号取得も可能-島根大学◆Vol.2 2018/9/5

出願資格は「僻地の医療機関等での体験8日以上」-島根大学◆Vol.1 2018/8/29

「ローカル」から「グローバル」人材養成に転換-旭川医科大学◆Vol.3 2018/8/21

「地域枠」、義務年限なしでも「地元」に定着-旭川医科大学◆Vol.2 2018/8/14

国立大最大の地域枠、「地元優先」で成功-旭川医科大学◆Vol.1 2018/8/7

「県内出身者を対象とした地域枠」を中心にすべき-筑波大学◆Vol.3 2018/7/29

全70大学の地域枠を調査、その実態は?-筑波大学◆Vol.2 2018/7/24

国立大最大の義務年限付「地域枠」、その現状は?-筑波大学◆Vol.1 2018/7/20

大学の大半は「地域枠」の存続希望-小林誠一郎・AJMC委員会委員長に聞く◆Vol.2 2018/7/7

「地域枠の入学生、学力低い」は誤解-小林誠一郎・AJMC委員会委員長に聞く◆Vol.1 2018/7/1

地域医療の担い手養成は「社会の総力戦」-長崎大学◆Vol.3 2018/6/28

「地域枠、イコール総合診療医」にあらず-長崎大学◆Vol.2 2018/6/17

離島医療・保健実習、医学生全員が必修-長崎大学◆Vol.1 2018/6/11