m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>地方大学のミッションは「地域医療貢献」- 島根大学◆Vol.3

地方大学のミッションは「地域医療貢献」- 島根大学◆Vol.3

新専門医制度での「専攻医の都市集中」が懸念材料

2018年9月14日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


(※島根大学医学部医学科長の熊倉俊一氏へのインタビュー。本文中、敬称略。Vol.1、Vol.2の記事を参照)――島根大学では、入試の段階から、島根県内に医師を定着させるさまざまな工夫をされています。島根大学医学部医学科の入学者に占める地元出身者の減少、2004年度の臨床研修必修化などに伴い、卒業後、島根県に残る医師が減少していました。しかも、島根県内でも、出雲市と松江市に医師が偏在し、それ以外の地域での医師不足対策が問題になっていました。地元出身者は、卒業後も地元に残る傾向は高いことは想定された...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事