m3.com トップ>医療維新>レポート|西日本豪雨>情報取れず「何かが起きている」、AMAT派遣

情報取れず「何かが起きている」、AMAT派遣

機動力生かし、避難所や会員病院を調査

2018年7月21日 水谷悠(m3.com編集部)


西日本豪雨で全日本病院協会は7月9日からAMAT(全日本病院医療支援班)を被災地へ派遣した。被災地の全日病支部から派遣要請がない段階でも、東京の本部で必要性を判断して派遣する「プッシュ型支援」を実施。現地では、避難所での医療や施設間搬送、会員病院の状況調査に当たった。全日病常任理事の猪口正孝氏に全体の調整について聞き、岡山県倉敷市にAMATとして入った南多摩病院(東京都八王子市)の動きを追った。岡山に派遣する判断をしたときの記録猪口氏によると、7月8日の段階で、広域災害救急医療システム(EMIS...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事