m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|m3.com...>医師不足に苦慮、定員増見込めない中で種々の対策を模索

医師不足に苦慮、定員増見込めない中で種々の対策を模索

医学部長・医科大学長アンケート-Vol.4- ◆ 地域枠【その2】

2018年7月23日 大西裕康(m3.com編集部)


前回Vol.3◆地域枠【その1】はコチラ。Q.今後の医師不足・偏在対策では、大学が都道府県と連携しながら、取り組む重要性が高まっています。現在もしくは今後、貴大学で実施している取り組みがあれば、教えてください。回答からは、各大学が附属病院や関連病院を設けている都道府県内の医師不足に苦慮している状況が垣間見えた。各都道府県とのタッグ強化はもとより、大学の立地圏域だけでなく県境を越えて、全国規模で、施策が必要と訴える意見もあった。[県境を越えた施策、全国規模の対策が必要]【東京慈恵会医科大学・松藤千...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

m3.com全国医学部長・学長アンケートに関する記事(一覧

司馬遼太郎にドストエフスキー、河合隼雄… 2018/8/31

パッションを、チャレンジを、みなさんは宝物… 2018/8/31

臨床実習重視の教育改革を評価も、人員不足など課題山積 2018/8/10

医師国試の基準改訂も「学生の負担は変わらない」 2018/8/1

医師の過剰負担、軽減の必要性に社会的合意が必要 2018/7/29

勤務時間の的確な把握が急務 2018/7/25

医師不足に苦慮、定員増見込めない中で種々の対策を模索 2018/7/23

医学部定員、減らす方向性に同意も“柔軟な”対応が必要 2018/7/18

医師の都市部への集中を決定、研修レベルの是正に期待 2018/7/15

入局者「変わらない」が「増えた」をやや上回る 2018/7/11

医学部長・学長お薦めの本◆vol.11 2017/8/16

医学部長・学長の入学式でのメッセージ◆10-3 2017/8/14

医学部長・学長の入学式でのメッセージ◆10-2 2017/8/14

医学部長・学長の入学式でのメッセージ◆10-1 2017/8/14

女性医師の働き方、周囲含め意識作り重要◆Vol.9 2017/8/11

キャリア教育や就労継続支援、充実の傾向◆Vol.8 2017/8/9

国試の目指す方向、医学部長の考え◆Vol.7 2017/8/5

医学部での国試対策、多くの大学で実施◆Vol.6 2017/8/2

専門医研修、基幹施設は「大学病院」優勢◆Vol.5 2017/7/31

長時間労働、一定の管理を◆Vol.4 2017/7/28