m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>国立大最大の地域枠、「地元優先」で成功 - 旭川医科大学◆Vol.1

国立大最大の地域枠、「地元優先」で成功 - 旭川医科大学◆Vol.1

入学後の成績、国試合格率も一般枠と差なく

2018年8月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


旭川医科大学の「地域枠」は、地元の北海道出身者の優先入学枠。地元出身者の場合、卒業後に地元に定着する率が高いと言われるが、その実例が旭川医大と言える。この「地域枠」は、2018年度入試の場合、107人中(1年次)、47人(43.9%)であり、国立大学の中では最多だ。「地域枠」は、2004年度の臨床研修の必修化以降、医師不足が顕著になり導入、一定の成果を挙げた。もっとも、2018年度は「地域枠」を減らし、「AO入試国際医療人特別選抜」を新設した。旭川医大学長の吉田晃敏氏は、「われわれは常に将来を見...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事