m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大学医学部「...>「地域枠」、義務年限なしでも「地元」に定着 - 旭川医科大学◆Vol.2

「地域枠」、義務年限なしでも「地元」に定着 - 旭川医科大学◆Vol.2

キャリアの多様性認め、柔軟な対応必要

2018年8月14日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


(旭川医科大学学長の吉田晃敏氏、同大入学センター・センター長の坂本尚志氏へのインタビュー。本文中、敬称略。経緯は、Vol.1を参照)――旭川医大の「地域枠」は「入試の特別枠」で、義務年限付の奨学金貸与枠とは異なります。卒業後、地域に定着してもらうためには、入試における学生の選抜がまず重要になります。坂本地域枠には「AO入試北海道特別選抜」と、「推薦入試道北・道東特別選抜」があります。AO入試の2018年度の入学定員は37人で、160人の応募、推薦入試は10人定員に34人の応募です。いずれも、「卒...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事