m3.com トップ>医療維新>レポート|西日本豪雨>被災地に多数の医療支援チーム、情報共有に課題

被災地に多数の医療支援チーム、情報共有に課題

AMAT南多摩病院チームの1日

2018年7月26日 水谷悠(m3.com編集部)


西日本豪雨で被災した岡山県に、7月9日から全日本病院協会のAMAT(全日本病院医療支援班)として入った南多摩病院(東京都八王子市)。先遣隊の後を受けて第2陣として岡山入りした、副院長の加塩信行氏が率いるチームの7月13日の活動を追った。Vol.1はこちら避難所で他チームと打ち合わせをする加塩氏(左)チームは加塩氏と、看護師の田上美由江氏、業務調整員(ロジスティシャン)として救急救命士の御子柴竜氏、徳丸希世子氏の4人で構成。7月11日に現地入りし、避難所で症状の重い患者が出た場合に病院へ搬送する任...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事