m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|NCDで医療...>NCD、手術成績の均てん化に寄与 - 森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.1

NCD、手術成績の均てん化に寄与 - 森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.1

施設別の成績「見える化」、患者個別リスクの計算も可能に

2018年8月18日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


NCDが2011年にスタートしてから8年目に入った。これまでに蓄積された症例数は約969万例、参加施設は約5000施設。世界でも類を見ないビッグデータに成長。手術成績の向上につなげるほか、診療ガイドライン作成の基礎データとして用いるなど、今はそのデータの利活用の段階に入っている。この4月からスタートした新専門医制度の専攻医の手術症例登録データベースとして用いられるなど、利用シーンも広がっている。日本外科学会理事長の森正樹氏に、外科領域におけるNCDの現状をお聞きした(2018年7月6日にインタビ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事