m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|NCDで医療...>NCD、日米の手術成績比較も可能 - 森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.2

NCD、日米の手術成績比較も可能 - 森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.2

診療GLや診療報酬の基礎データとしても利活用

2018年8月25日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――NCDに登録されたビッグデータを、診療ガイドラインの見直しなどに活用され得るのでしょうか。はい、もちろんです。NCDデータを分析すれば、「どんな介入を行えば、患者さんの予後が良くなるか」などが明らかになってきます。例えば消化器外科領域では、胃癌全摘術など8つの主要な術式については、診療ガイドラインに反映できるかを今、話し合ってもらっているところです。診療ガイドラインの基となる臨床試験においても、正確な臨床試験を実施するためには、入力データの正しさが求められます。NCDを使って正確性を期すなど...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事