m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>「忙しい外来でCTをオーダー! 翌日のレポート確認できますか? 」【前編】

「忙しい外来でCTをオーダー! 翌日のレポート確認できますか? 」【前編】

全国的なシステムのある米国を参考に、日本にも仕組みが必要!

2018年7月27日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


「救急外来で主訴が腹痛の50歳男性・加藤さん(仮名)を診察した。発熱と左下腹部痛がある。血圧や脈は正常範囲。腹部CTがオーダーされた」突然ですが、上記のようなシナリオはよくある救急外来の風景です。まずは、その後どうなったのか見ていきましょう。「腹痛の診断は憩室炎で、加藤さんは抗生物質と痛み止めで帰宅。翌日の外来受診となった」さて、オーダーしていたCTはどうなったのでしょうか?翌日受診の際に放射線画像読影レポートは間に合わず、加藤さんが外来受診を終えて帰宅したあとにレポートが電子カルテのシステム上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事