m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「血尿が止まったら、大人になった証拠」◆Vol.4

「血尿が止まったら、大人になった証拠」◆Vol.4

2018年8月4日 橋本佳子(m3.com編集長)


――青木氏は、熱帯医学においては、医療者だけにとどまらず、学際的に取り組む重要性を説く。その例として、ケニアにおける住血吸虫症の研究の一端を挙げた。熱研における研究は、論文を書くことが第一目的ではありません。熱帯病で苦しむ人々をいかに救うかが重要であり、そうでなければ他の医学研究と変わらないと思います。アフリカの人々にどう還元できるかを意識しながら研究するのが、熱研の一番の取り柄です。その実現には、医学の力だけでは不十分。文化人類学、環境工学など、さまざまな知恵を集結することが必要。熱帯医学研究...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

私の医歴書◆青木克己・長崎大学名誉教授に関する記事(一覧

「寄生虫学者より、熱帯医学者と呼ばれたい」◆Vol.26 2018/8/26

将来を急ぐ医学生、「課題設定型研究」を憂う◆Vol.25 2018/8/25

さだまさしの映画、『風に立つライオン』の制作エピソード◆Vol.24 2018/8/24

「国際健康開発」分野で活躍する人材輩出◆Vol.23 2018/8/23

「学生の心に火を点ける」精神で人材育成◆Vol.22 2018/8/22

ケニアプロジェクト、50年の歴史を講演◆Vol.21 2018/8/21

長崎大、念願のケニア拠点を設置、「コンテナ」で◆Vol.20 2018/8/20

長崎大の実力発揮、SARSやスマトラ島沖地震◆Vol.19 2018/8/19

長崎大・熱研所長、鍵はミッションの明確化◆Vol.18 2018/8/18

ケニアプロジェクトの低評価に憤り◆Vol.17 2018/8/17

「おとりの貝」、発想はユニークも成功せず◆Vol.16 2018/8/16

医療の常識通じず、「トイレが握る、血尿は怖くない」◆Vol.15 2018/8/15

熱研の教授に就任、若手をケニアへ◆Vol.14 2018/8/14

「教授が辞めるときは助教授が責任を」◆Vol.13 2018/8/13

もしもノーベル賞の大村先生と接点があったら……◆Vol.12 2018/8/12

グアテマラでオンコセルカ病プロジェクトに参加◆Vol.11 2018/8/11

米国UCLAに留学「お前はいい選択をした」◆Vol.10 2018/8/10

「毎朝6時に患家に行け。吸血した蚊を集めろ」◆Vol.9 2018/8/9

「テーマより、教授の人物を見極めよ」◆Vol.8 2018/8/8

五島での学生実習、生涯の師に出会う◆Vol.7 2018/8/7