m3.com トップ>医療維新>レポート|奈良・勾留医...>最高裁、「勾留中の医師死亡」遺族の上告棄却

最高裁、「勾留中の医師死亡」遺族の上告棄却

損害賠償請求を棄却した大阪高裁判決が確定

2018年8月4日 橋本佳子(m3.com編集長


最高裁判所は7月31日、奈良県の山本病院に勤務していた男性医師(当時54歳)が奈良県桜井警察署に勾留中の2010年2月、呼吸停止になり搬送先病院で死亡し、遺族が奈良県を訴えた裁判で、遺族側の上告および上告受理申立てを共に棄却した。遺族側は、勾留中の死亡は、留置業務管理者である奈良県に過失があるとして、9682万5418円の損害賠償を奈良県に求めるため、2013年2月に提訴。しかし、2016年12月の奈良地裁判決、2017年12月の大阪高裁判決のいずれも、遺族の請求を棄却した(『男性医師の勾留中死...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事