m3.com トップ>医療維新>レポート|NCDで医療...>患者個別の手術リスク、「JapanSCORE」で説明 - 聖マリアンナ医大心臓血管外科◆Vol.2

患者個別の手術リスク、「JapanSCORE」で説明 - 聖マリアンナ医大心臓血管外科◆Vol.2

自施設の手術成績開示で連携先の信頼も得る

2018年9月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


――聖マリアンナ医科大学心臓血管外科では、「JapanSCORE」を日常診療で使用されているとお聞きしました(Vol.1を参照)。心臓血管外科領域の手術でリスクを解析する有名なモデルとしては、「STSscore」、「Euroscore」などがありますが、「JapanSCORE」は、日本の医療機関のデータを用いた手術成績なので、非常にリアリティーがあります。いずれのモデルも術式ごとに患者リスクを調整した術後死亡率などを計算でき、心臓血管外科手術の成績は日本の方が優れることも明らかになっています。術...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事