m3.com トップ>医療維新>インタビュー>公立病院、2億円収支改善のための秘策とは―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.2

公立病院、2億円収支改善のための秘策とは―江角悠太・志摩市民病院院長に聞く◆Vol.2

2億円増益に向けて「メディカルツーリズム」

2018年8月20日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


――2017年度の医業収益は約6億円、医業費用は約11億円で、一般会計繰入額合計(公立病院会計における赤字幅を示す指標)は約5億660万円ということですが、病院経営の見通しはいかがでしょうか。最も悪い時期(2015年度)は赤字が7億1600万円でした。病院再生の4年計画の2年目ですが、この2年間は計画よりちょっと上乗せのペースで来ています。今総務省が出している基準を基に志摩市の財政当局が認めた額では、この規模(一般病床17床、療養病床60床)でこの地域の病院だと3億2000-3億3000万円まで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

費用対効果評価、診療ガイドラインでも導入-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.2 2019/8/17

日本レスリング協会のチームドクター歴20年-中嶋耕平・JISSメディカルセンター副主任研究... 2019/8/16

医療資源乏しい地域の秘策に-江津メディカルネットワーク◆Vol.3 2019/8/14

財政リスクを減らしつつ、資源配分を効率化-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.1 2019/8/10

スポーツ医学の知識を「検定」で広める-日本スポーツ医学検定機構代表理事の大関信武氏に聞く 2019/8/10

病院と診療所の共存共栄を目指す-江津メディカルネットワーク◆Vol.2 2019/8/8

医学部定員減、受け入れざるを得ず-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.3 2019/7/26

病院総合医は“負け組”にあらず、幹部候補生-済生会熊本病院◆Vol.4 2019/7/20

“無給医”の定義曖昧、文科省調査は不十分-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.2 2019/7/17

超急性期病院の“無医村”をなくすが狙い-済生会熊本病院◆Vol.3 2019/7/12

医学教育や医療の制度変更、私立大運営を圧迫-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.1 2019/7/10

医師の働き方を根本から変える第一歩-済生会熊本病院◆Vol.2 2019/7/2

「東京減点女子医大」を創設したわけースプツニ子!学長と西澤知美理事に聞く 2019/6/8

最新技術の医療への適用、審査制度の見直し必要-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.3 2019/6/8

ITやロボットの活用で技術の汎用化を-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.2 2019/5/30

約40年間、医用工学の研究に従事-佐久間一郎・東大工学部教授に聞く◆Vol.1 2019/5/22

総長4年の任期中に方向性を-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol.3 2019/5/20

単科医科大学との「対等合併or全面的連携」を目指す-田中愛治・早稲田大学総長に聞く◆Vol... 2019/5/10

臓器別専門医と「Win-Win」の関係構築-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に... 2019/5/10

総合診療専門医、「若手の1割」を期待-草場鉄周・日本プライマリ・ケア連合学会理事長に聞く◆... 2019/5/5