m3.com トップ>医療維新>インタビュー|2018夏◆...>陸上日本選手権決勝で走った医学生-愛知医科大学5年生・高橋周治さんに聞く◆Vol.1

陸上日本選手権決勝で走った医学生-愛知医科大学5年生・高橋周治さんに聞く◆Vol.1

「9秒98」の大会は実習と重なり、無念の不出場

2018年8月13日 聞き手・まとめ:水谷悠(m3.com編集部)


陸上の日本選手権、男子100メートルで2016、2017年に連続で決勝に進んだ愛知医科大学医学部5年生の高橋周治さん。医学の道を志しつつ、リオデジャネイロ五輪男子4×100メートルリレー銀メダリストで9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀選手(日本生命)らトップアスリートに、日本最高峰の舞台で挑み続ける。医学生として、スプリンターとして目指すものをお聞きした(2018年8月1日にインタビュー。全3回の連載)。――陸上はいつ始められたのでしょうか。医学部に進んでも陸上は続ける気持ちだったのでしょうか。2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事