m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師・薬剤師...>院内での調剤業務、医師・薬剤師とも4割が「調剤財源も」◆Vol.4

院内での調剤業務、医師・薬剤師とも4割が「調剤財源も」◆Vol.4

「薬剤部は不採算部門と思われており、調剤業務の評価必要」

2018年8月25日 高橋直純(m3.com編集部)


Q医療機関における調剤業務の評価は診療報酬の「医科財源」だけでなく、「調剤財源」でも行うべきという主張が医療機関側から出ています。お考えをお聞かせください。医療機関における調剤業務の評価を巡っては、日本医師会幹部などは「医科財源」だけでなく、「調剤財源」でも行うべきであると主張している(『調剤報酬、「医科薬剤師業務への充当を」-日医中川副会長、松本純一常任理事に聞く◆Vol.3』を参照)。本調査では、医師、薬剤師とも「調剤財源を活用すべき」が約45%と過半数に迫る勢いだった。対照的に「医科財源の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事