m3.com トップ>医療維新>インタビュー|2018夏◆...>灘校時代の恩師の言葉で医師に - 前村叶基・東大鉄門アメフト部主将に聞く◆Vol.2

灘校時代の恩師の言葉で医師に - 前村叶基・東大鉄門アメフト部主将に聞く◆Vol.2

アメフトは医学部6年生まで現役で

2018年8月19日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


部員を成長させる難しさも――主将として約20人のチームを率いることが、将来、医師としての仕事にどう役立つとお考えですか。やはり放っておくと、チームの誰も成長しないんですよね。全体的に見れば、少しずつは成長しているのでしょうが、成長しているかのか否か、気付くのも難しい……。しかも、どうすれば成長するか、それも一概に言えるものでもなく、日々悩みながらやっています。その辺りのリーダーの在り方が将来、役に立つのかなと考えています。(提供:前村さん)――ご自身も、先輩に育ててもらったという思いがある。もち...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事