m3.com トップ>医療維新>インタビュー|2018夏◆...>今年は1999年以来の優勝が必達目標 - 古田京・慶應大全学ラクビー部主将に聞く◆Vol.1

今年は1999年以来の優勝が必達目標 - 古田京・慶應大全学ラクビー部主将に聞く◆Vol.1

慶大全学ラグビー部主将に創部初の医学生、目指すは1999年以来の対抗戦制覇と日本一

2018年8月16日 m3.com編集部


(提供:古田さん)毎年秋に行われる大学ラグビーの対抗戦。東京六大学野球などと並び、大学スポーツの中でも非常に人気の高い競技・リーグの一つ。慶應大、早稲田大、帝京大、明治大、筑波大などが総当たりで9月から12月にかけて、秩父宮ラグビー場を中心に試合が行われる。その大学ラグビー対抗戦において、医学部に在籍しながら全学体育会の主将として活躍する選手がいる。慶應義塾大学医学部医学科4年、古田京選手だ。医学部に在籍しながら全学のラグビー部に所属すること自体が異例という中で、主将としてチームを牽引する古田選...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事