m3.com トップ>医療維新>インタビュー|2018夏◆...>医師は医師、スポーツはスポーツ - 古田京・慶應大全学ラクビー部主将に聞く◆Vol.2

医師は医師、スポーツはスポーツ - 古田京・慶應大全学ラクビー部主将に聞く◆Vol.2

慶大全学ラグビー部主将に創部初の医学生、目指すは1999年以来の対抗戦制覇と日本一

2018年8月17日 m3.com編集部


第一回はこちら将来は医師としてラグビーに関われなくてもいい。ラグビーとの接点を持ち続けることが大事── 将来のキャリアについてもお伺いします。現在思い描いている医師としてのキャリアプランは?まだ診療科とかについては全然考えられていないです。ハッキリしているのは、「ラグビーとの接点はずっと持ち続けたい、」ということです。必ずしも医師としてのスキルを直接生かせなくても良いと思っていて、地域のジュニアチームのコーチとかでもいいです。どんな形でも、ラグビーとの接点を大事にしていきたいと思います...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事