m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|今村日医副会...>「医師の働き方改革」、単なる時短にあらず◆Vol.1

「医師の働き方改革」、単なる時短にあらず◆Vol.1

医療の近代化が目的、「やらされ感」満載では失敗の懸念

2018年8月21日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」の議論が今秋以降、最終局面を迎える。7月の同検討会では各種調査結果のほか、日本医師会が主導してまとめた「医師の働き方改革に関する意見書」が公表され、議論の素材はおよそ出揃ったと言える。日医副会長の今村聡氏と、2017年4月に報告書をまとめた「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」の座長を務めた、東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授の渋谷健司氏という2人の検討会のキーパーソンに、医師の働き方改革をめぐるこれまでの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事