m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|今村日医副会...>厚労省「働き方検討会」、年内の議論がカギ◆Vol.5

厚労省「働き方検討会」、年内の議論がカギ◆Vol.5

「適切な受診」を促す国民への啓発も不可欠

2018年9月17日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


※日医副会長の今村聡氏と東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室教授の渋谷健司氏の対談。文中、敬称略。Vol.1、Vol.2、Vol.3、Vol.4を参照)――厚労省の「医師の働き方改革に関する検討会」は、9月以降、議論を再開します。検討項目としては、「さらなるタスクシフトの在り方」「自己研鑽」「宿日直」「応召義務」「諸外国における勤務医に対する労働時間規制」などが挙がっています。渋谷まずタスクシフトですが、医師は「本来、医師にしかできない仕事」に注力し、「医師でなくてもできる仕事」は手分け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事