m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>複数の適応疾患がある場合のICER、「統合せず疾患ごとに算出」

複数の適応疾患がある場合のICER、「統合せず疾患ごとに算出」

費用対効果評価における総合的評価に関する検討状況説明

2018年8月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は8月22日の中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会(部会長:荒井耕・一橋大学大学院経営管理研究科教授)で、費用対効果評価について、総合的評価(アプレイザル)に関する(1)科学的な観点からの検証方法、(2)評価結果の取りまとめ方、(3)評価結果の報告、公表の仕方――の論点等を説明、診療側と支払側ともにおおむね了承した(論点等は文末に掲載。資料は、厚労省のホームページ)。論点の一つが、複数疾患に適応がある場合のICER(増分費用効果比)の評価方法。厚労省の有識者検討会では、下記の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

急性期「旧7対1」、再編の評価は? 2019/10/18

「働き方改革×診療報酬」で激論、中医協 2019/10/18

rt-PA療法の保険適用、要件緩和の検討に着手 2019/10/18

新薬創出等加算、「先駆け審査」品目なら追加か 2019/10/9

複雑化するがん医療提供体制、個別評価すべきか 2019/10/9

後発医薬品、「安定供給リスク」も念頭に価格設定を 2019/10/9

特許切れ医薬品の値下げ、前倒しの検討開始 2019/9/26

院内調剤の見直しが焦点、薬局との比較で 2019/9/25

医師の働き方改革にはOTC類似薬の保険適用除外? 2019/9/25

入院時のポリファーマシー対策で“プロセス”評価へ 2019/9/19

カルテとリハビリ計画書の重複負担軽減を、診療側 2019/9/18

紹介状なし初診の保険外負担「5401円以上」は20病院 2019/9/13

31日以上の処方が増加傾向 2019/9/12

薬価制度改革へ、個別の検討開始 2019/9/12

再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは? 2019/9/12

「機能強化加算」、診療所の約1割が届出 2019/9/12

地域包括ケア病棟、回復リハ病棟、届出施設・病床数は増加傾向 2019/9/11

オンライン診療料、改定直後の届出数は計970施設 2019/9/11

国内初の遺伝子治療薬、9月4日から保険適用へ 2019/8/28

市販類似薬の患者負担増、厚労省「検討の事実ない」 2019/8/28