m3.com トップ>医療維新>レポート|2018夏◆...>第一志望は母の「眼科」ではなく「麻酔科」? - 広田有紀さんに聞く◆Vol.2

第一志望は母の「眼科」ではなく「麻酔科」? - 広田有紀さんに聞く◆Vol.2

東京五輪は夢、でも目標ではない

2018年8月28日 聞き手・まとめ:大西裕康(m3.com編集部)


――5年生になり臨床実習が始まったと思います。現時点で志望の診療科は、影響を受けたとおっしゃっていたお母さんと同じ眼科でしょうか。臨床実習の合間に(提供:広田さん、中央が本人)それはまだ決めかねています(笑)。秋田大学の実習は、私たちの代まで5年生で医学部附属病院の全32診療科を回り、6年生は診療科を絞って実習を回ります。私は既に8診療科を回りましたが、麻酔科が一番面白いと感じました。――面白いと感じた理由を教えてください。幅広く医療に携われるところに魅力を感じました。まず全科と関わる可能性があ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事